2007年03月16日

Naohito Fujiki Fan Club EVent 2006

今回の、握手が今までで一番手が暖かくて、握手したって感触が実感できたかな〜

とにかく柔らかくて、暖かくて、ほんわかしてた!

そして、おめでとうございます!って言えた事が何より嬉しかった〜
藤木さん何がおめでとうございますかわかってないと思うけど〜(爆)
「ありがとうございます」って、言ってくれてね〜(笑)
本当は、「○○おめでとうございます!」って言いたかったんだけど、ファンイベでしたし、ちょっと勇気がなかったから、(爆)「色々おめでとうござい」みたいにごまかしちゃいました。

もう、相変わらず目をずっと放さず見てくれるもんだから!恥ずかしいですよ〜私!
でも、優しい顔してた!

曲も変わったアレンジがしてて、イントロ聴いてもなんの曲なのか解らない曲が多かった〜
でも、それはそれで新鮮だったかな〜

でも、名古屋だけが、バンドのメンバーが来た時に拍手があったって藤木さんが言って、それが嬉しかったって藤木さんが言った時、バンドの人が手を振って嬉しそうにしてたのがちょっと胸がキュンとしてしまった。

でも、どの会場もファンイベって独特の雰囲気で皆、カチコチに緊張してたのかもしれないしね〜


FBI Presents
Naohito Fujiki Fan Club Event 2006

2006年11月23日(木曜日・祝日) 昼の部 15:00〜

 名古屋市民会館(中ホール)


@「涙のいろ」
A「哀しみの花」
B「君じゃなくても」
C「コズミックライダー」
D「years」
E「Shining Star」


〜抽選会〜
〜握手会〜


おみあげ
=ブログの11月23日参照=
posted by コアラのえさ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Naohito Fujiki Live Tour Ver7.0

待ちに待ったツアーでした。
そして、当選したのが武道館の1つだけで、
地元の名古屋が落選してて、結構ショックだったんですが、
追加公演がなんと名古屋が2つもあり、
それを2つとも当選でき地元もなんとか行く事が出来てよかったです。

しかも、18日のライヴのチケットがなんと、最前列のど真ん中という、失神しそうな席をゲットし、今まで経験できないぐらいのいい思いをさせてもらいました!
なんたって、今までなかったぐらいの終わった後の身体の疲れ!(爆)、
相当、ハチケチャったんでしょうね〜(笑)
もうこんな席は無いだろうな〜

そして、夢の武道館ライヴは・・・
武道館って2つあるんですね〜、(爆)
日本武道館と東京武道館(笑)

検索して、両方の地図を前もって見て、しかももって行ったのに、その事に東京武道館に着くまでわからなかったという!
で、角ばったテレビで見た武道館とは異なってても、嫌々まさか〜、向こう側にテレビで見た武道館があるはず〜(爆)
って勘違いして到着して、武道館の駐車場のおっちゃんに恐る恐る尋ねて、まだ電車で行けば間に合うよ〜って、親切に教えてもらって、
でも、もう歩く気力がなく、駅のタクシーに乗って、無事親切な優しいタクシーのうんちゃんのおかげで無事日本武道館にたどり着いたというハプニングがありーのの素敵な思い出の武道館ライヴでした!
残念なのが、記念すべき初武道館だったのに、明るい時にあのたまねぎの全貌が見れなかったのは今でも悔やまれますね〜

それにしても、本当に重みのある神聖な門でしたね〜
それだけで胸がキュンとしたりして・・・
ホント、行けてよかったです!

それに、初めてファイナルのライヴにいけたって事も嬉しかった〜
いつも落選だったから・・・

ファイナルっていいな〜って凄く思ったライヴでもありました。


Naohito Fujiki Live Toure Ver7.0
〜KNOCKIN’ON SEVENTH DOOR〜

@「Knockin' on the door」
A「anon」
B「タイムトラベル」
C「Hound Dog」
D「Horizon」
E「シュクメイ」
F「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」
G「Little Wing」
H「spring」
I「LIKE A ROLLING COWBOY」
J「恋のROCK’N' ROLL!DRIVE!」
K「コズミックライダー」
L「セクシー”GIMME YOUR LOVE"」
M「SAMURAI FUNK」
N「愛のテーマ」
O「HEY!FRIENDS」
P「years」
Q「君の歌」

〜アンコール〜

@「パーフェクトワールド」 →9月18日「陽のあたる場所」
A「OH!BROTHER!」


〜ダブルアンコール〜in武道館

「HEY!FRIENDS」

〜エンドロール〜にて、観客の「陽のあたる場所」の大合唱


☆2006年9月10日(日曜日)、追加公演 18:00〜
 愛知厚生年金会館

☆9月18日(月曜日・祝日)、追加公演 18:00〜
 愛知厚生年金会館

☆10月4日(水曜日)、18:30〜
 日本武道館


計3回!
posted by コアラのえさ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1972年 D

今日、「ホリデイ」という映画の日本の記者会見の為、
キャメロン・ディアスさんとジュード・ロウさんが来日しているそうで、

この2人ともが、1972年生まれ!

キャメロン・ディアスさんが、1972年8月30日
ジュード・ロウさんが、1972年12月29日

2人とも、名前も顔も知ってますが、映画は見たことが無いんですよね〜

キャメロンさんは、富士山と温泉が好きだとか。
富士山はホント日本が誇る山ですよね〜

私は、今は、映画をあまりというかほとんど見ない人なんで・・・
何でもなんですが、自分のその時のはまてる時期ってのがありますよね〜、
スポーツを見る時期・映画の時期・洋楽の時期・日本のドラマの時期・日本の歌の時期って・・・
ファンになった人のジャンルによってそうなるんですけども〜

自分の映画ブームの時は、映画館に行くのは、大好きなジャッキーの映画ばかりなんですが、テレビでは色んなジャンルのものを見ていました。母の影響で見た、マカロニウエスタンのジュリアノ・ジェンマも大好きで当時凄くジェンマの映画がテレビでやっててワクワクしながら見ていました!

で、映画雑誌の「ロードショー」や、「スクリーン」なんかを買ったりして、映画音楽特集なんかもテレビやラジオで録画して聴いたりしてね!
もっぱら洋画ばかりで、日本映画は苦手で見ていませんでした。今もそうなんですが・・・
でも藤木さんの映画は別ですよ〜(勝手な!)
まっ、結局俳優さんしだいなんですけど〜

話がそれてしまいましたが、

映画「ホリデイ」の予告を見ましたが、中々いい内容ですね〜、
これを藤木さんにやって欲しい!って思いました!

ってか、日本のドラマや映画で何故こういうのをやらない!ってとても感じましたね〜

ロスとロンドンにそれぞれ住んでいる、妙齢の女性2人があるネットで知り合い、2週間だけのホリデイを使ってそれぞれの生活をチェンジするという。
そこで、それぞれ2人が素敵な男性に出会い恋に落ち、2週間後にはどうなるかって言う話なんだけど、

ホーム・エクスチェンジというものをつかい、妙齢の女性の新しい恋を演出したのが、大人の恋を描く事に定評のある、ナンシー・メイヤース監督だそうで

日本で、大人の恋を描く事に定評のある監督って誰がいるんだろう?
若者を描く事に定評のある監督ばかり???
私が知らないだけかな?






posted by コアラのえさ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NAGOYA Big Wave Live

民放5局による、地上波デジタル放送に向けての2日間イベント!
2日間で、14万3千人を動員したイベントでした〜
ライヴだけではなく、色んな会場で色んなもようしものがあって、
ライヴも土曜日と日曜日の2回あって、行ったときは、2日目のライヴの整理券の徹夜組がいるという・・・
2日目のゲストはちなみに、根元要、the BOOGIE JACK、東方神起、FLOW、nobodyknows+、だそうで、私には、誰だかわからないです!(爆)

で、ライヴは11時に整理券を配布し、一旦解散し、17時にまた戻ってきて、整理番号順に並ぶという事なので、その他の会場へ行ったりして楽しむことが出来ました!
オアシス21では、生放送で中継しながらの色んなものが当たる抽選会などもやってて、ライヴまで、暇をつぶす事が出来ました。
でも、整理券をもらう為に並んでる時は物凄く暑かったのに、
だんだん雲行きが怪しくなって、雨も降ってきて雷がなる始末!
周りに、デパートが立ち並んでるので雨宿りには事欠かなかったんですが、
集合の時間でも雨は止まず、少し入場に待たされてしまったけど、無事、時間には雨が止み、ライヴを見ることが出来ました〜

しかし、藤木さんの時に、電気系統のトラブルなのか、藤木さんが歌ってる途中に電気に関係ない楽器はなってるけど、藤木さんの声もマイクで拾えなくなって・・・
その時の、藤木さんの困った顔がスクリーンいっぱいにうつしだされて、可愛かった〜
でも、その時、藤木さんとファンが一緒になってコズミックライダーを歌い曲を終えたのがなんとも言えずよかった〜
少し、中断はあったものの、ライヴが再会されて一安心〜
なかなか見られないものが見れたのもラッキーだったのかな?

後日、テレビ放送されたんだけど、その模様は映らなくって、
Ver 7.0の時の名古屋のライヴの時にMCでその事に触れて、電気系統の故障かなんかで、音声が出なかったんだけど、ファンと歌いきった
そこを放送すればいいのにね!っていう事を藤木さんは言ってました〜(笑)


波に乗れ!ナゴヤの地デジ Big Wave
NAGOYA Big Wave Live

2006年8月12日(土曜日)17:00〜20:30
 
久屋広場

ゲスト/ アンジェラ・アキ、Skoop On Somebody、藤木直人、佐藤竹善


セットリスト
@「Hound Dog」
A「タイムトラベル」
B「anon」
C「コズミックライダー」

〜電気系統の故障かなにかで中断〜

D「HEY!FRIENDS」
E「OH!BROTHER」


後日、民放5局によるこのイベントのライヴの放送がありました!
5局とも同じ時間帯にという・・・
どの放送局を録画しようか迷っちゃいました〜
まっ、同じものを放送しただけなんですがね!

8月28日(月曜日)

508.bmp

2日間のイベントライヴをぎゅっとつめて放送されたんで、
藤木さんの場合、「コズミックライダー」のはじめのあたりをちょっとと、「HEY!FRIENDS」だけしか放送はされなかったんですけどね!
でも、名古屋のイベントに来てくれて嬉しかったな〜
posted by コアラのえさ at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。