2007年03月20日

スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder

今回の「ジュークボックス英会話」は、スティーヴィー・ワンダーの「I Just Called Say I Love You」でした。

スティーヴィー・ワンダーと言えば、この曲を思い出す方が多いのでしょうか?
我が家のキーボードは、曲と一緒に光が点滅してそれを指で押さえると弾けない人でも曲が弾けるって言うモノなんだけど、
それに、この曲がはいってるんですよね〜、
ゆっくりしたメロディーなので、弾けない人でも、光を追っていけばわりと弾けるから。

でも、私はこの曲はあまり好きな方ではないんですよね〜、
ゆったりしてるからってのもあるけど、ただなんとな〜くですけどね!

私の、スティーヴィー・ワンダーと言えばっていう曲は、
「Part-Time Lover」です!
1985年の曲で1位にもなった曲!!!

私はこの曲が当時から大好きですね〜
スティーヴィー・ワンダーって言うとこの曲を思い出しますね〜
曲の意味内容は他のと一緒で、全く解りませんし、(爆)
当時も調べようとしませんでしたが、メロディー、雰囲気が大好きです!
でもね!今回のテレビで、「I Just Called to Say I Love You」が好きになりました〜(爆)

何故かって?
1つ目の理由は、
この番組で流れたPVなのかな?ライヴ映像なのかな?解らないけど、歌ってる間中右手に受話器を持って歌ってるアイデアの面白さ!ピアノの横にいるのにピアノは弾かず、昔〜を感じる大きな赤い受話器をあてて歌ってるのが面白い!

2つ目は、テンポ感が私が思ってたテンポより、テンポ感があって聴いてて良かった!

3つ目は、これが1番だと思うけど、彼女に愛してるって言う為に電話する歌なんだけど、それを、今日はこういう日でもない、ああいう日でもないっていう、Noで始まる詩で、それがスティービー・ワンダー風のシーズン感覚で、詩に祝日を四季をふんだんに盛り込んでる面白さ〜

4月に始まり、6月、7月、8月と季節が入り、9月・10月・11月は「autumn breeze」秋風から、ibra =天秤宮、天秤宮生まれの人(9月23日〜10月22日生まれの人)、Halloween=ハロウィーン(10月31日)、Christmas=クリスマス

って季節を並べて、こういう詩だったんだ〜ってとても面白く、一気に好きになりました〜(笑)
1月〜3月は?って思いますが〜
私は7月生まれだから、Julyが入ってるのもポイント高いです!(笑)

だから、この曲は詩の内容が解って歌うととても面白いですね〜
こういう曲だったんだ〜って、
耳で聴いてるだけだから、April,June,Julyなんて言ってたなんて知らなかった〜(爆)
知らずに歌ってますからね〜(爆)!!!

だから、今週と来週で終わってしまうのがもったいない!
もっともっと!いっぱい知りたいミュージシャンの歌があるのに〜〜〜

今週がまだありますが、
私は来週の歌がとても楽しみです!
藤木さんがらみのお方で、
お仕事で、オーストラリアまで行った!
Queen(クイーン)の「I Was Born to Love You」です!

ん〜、楽しみです♪

posted by コアラのえさ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

PV

昨日の、ジュークボックス英会話を見ての感想〜

リヴ・タイラーが綺麗〜、お父さんに似てない〜(爆)
似てるのは、口が大っきい事ぐらいかな〜(笑)

藤木さんが結婚したいって思ったはずだわっ!(笑)
ってか、藤木さんはスティーヴン・タイラーの子供になりたいっていう野望の方が大きかった訳だけどねっ!!!

外国の音楽って日本語訳にされると、大体がイマイチな感じになるっていうか、やっぱ直に聴くのが一番心にグッときますね!

早く、直に来るように英語がモノになりたい〜♪
いつの事になるやら・・・・

ところで、この、番組の出演者のマーティ・フリードマン氏は、
このエアロスミスと全米ツアーを一緒に回った仲だそうで、
こんなに凄いお方なのに、○○じゃん!って、言葉の最後に必ずじゃんってつけたり、流暢な日本語を使ったりするから、デーブ・スペクター氏のミュージシャン版みたいな?なんかミョーに親近感があって軽い人って言うか、凄い人に見えないっていう。(爆)

でも、全米チャート初登場で2位をとったことがある、メガデスの伝説のギタリストなんですよね〜

ほお〜って思ったのが、1993年の3月にメガデスが予定した武道館公演を含む、4度目の来日公演が、麻薬問題でキャンセルになり、武道館公演が実現出来なかった事が、メガデスのキャリアで唯一の心残りってマーティ・フリードマン氏が語っていること。
そんな、素晴らしい場所で藤木さんはやったんですよね〜!!!
それに私も参加し、DVDとしての形に残ったっていうのがある意味宝物ですよね〜。あの感動は凄かったな〜、思わず藤木さんの声の詰まりに、どばっと涙が出たもん!

おっと!話が脱線、脱線!

この、今回の曲「I Don't Want to Miss a Thing」なんですが、
マーティ氏曰く、「アメリカの大ヒットの大物のロックパワードの手本で、本当に歌詞は伝統的なんだけど、本当に最高の曲作り。こういう曲はいい手本。王道の王道の王道、いいラブソングの手本」だそうで、

この曲!最初のサビの部分がサイコーに歌ってて気持ちがいいですよね〜

その I don't wanna を使って色々な表現ができるっていう事で、

I don't wanna know! 知りたくない!

I don't wanna hear it! それを聞きたくない!

I don't wanna study! 勉強したくない!

などなど、どんどん単語を置き換えて使えばいっぱいいっぱい色んな所で表現できますね〜
今日のへえ〜、なるほど〜でした!

よく歌詞の中で、文法上間違った文章でも、使われる表現ってのがあるそうで、まっ!日本語でもなんでもそうですよね!
言葉ってのは日々変化してますからどれがあってる間違ってるって事はきっちりする事が可笑しい!
私の学生の頃にこういうテレビをやってればな〜、もっと英語が好きになってたし、悩む必要がなかったし、理解でしたのに〜
ってつくづく思いますよ〜、

特に「新感覚キーワードで英会話」を見てるとそう思うよ〜♪

また脱線!(笑)

その文章が

Ain't love the sweetest thing. 愛は最高に甘〜いものさ。だって(爆)

続きを読む
posted by コアラのえさ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

エアロスミス(Aerosmith)

毎週木曜日にやっている、NHK教育テレビ「ジュークボックス英会話」、
来週はエアロスミスの「I Don't Want to Miss a Thing」!!!

お〜、久々にいい曲〜♪
ここ3回は、名前は聞いた事があれど、って言うかちょ〜有名な方ばかりですが、
歌はあまり私好みではなくとても残念だったんだけど、
っていうか、今週のデヴィット・ボウイのVTRを見て、妹がガクトってこの人を真似てるかもって言ってたら、マーティ・フリードマンがガクトに似ているって言って、笑えた〜
ホント!声も似てるし、雰囲気もそっくりでした〜

いや〜、エアロスミスですってよ〜、

この方をそして歌を知ったのは、藤木さんのファンになったからで、(爆)

「ラブレボ」が終わってからすぐだったかな〜、
ポルノグラフィティの代わりに、1日だけラジオの「オールナイトニッポンスーパー」をやって、その時にお気に入りの曲を教えてくださいって言うリスナーの質問にこのエアロスミスって言うバンドの名前が出たんですよね〜。

「気に入ってるね、カッコイイなっと思うバンドって言うのは、凄いいっぱいあるんですけれども、その中でもね〜、やっぱこの人達は、すげーな〜っと思うのはね、エアロスミス!僕好きなんですよ〜、ハスキーな声の人にあこがれたりして・・・・
スティーブン・タイラーの声はね、年をとるごとに、魅力的になってくってわけなんでね」

って事でこの時は、藤木さんの1番好きな曲として、
「ラブインアンエレベーター」がながれたんですが、この曲結構良かったな〜♪

「そして1回だけ、3年ぐらい前に日本に来た時のライヴを見たら、パフォーマンスなんか凄いカッコよくって、客とチューしてましたからね。スゲーとか思って、俺もね早速今ツアー中なんで、真似しようかな?ふっ!」

ってな事を言ったのを聴いた時は、やっぱ願望っていうか憧れがあるのかな〜?って。(爆)外国の方は凄いからパフォーマンスが・・・
カッコイイし憧れますよね〜、ロッカーとしてはやっぱ。(笑)
っていうか、私がファンになった時はそのツアーのは間に合わず完売状態でチケット取れなかったので、悔しい思いをしてたんですがね!

その時お兄さんの話も出て、仲がいいな〜なんて思ったもんです!後で、お母さんの話も出たりしてね、
笑える微笑ましい「オールナイトニッポンスーパー」でしたね〜


続きを読む
posted by コアラのえさ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

バスケット用語

今回の「英語でしゃべらナイト」は、
久々にとても面白かった。

今、NBAで活躍しているレイカーズのスターであるコービーのお父さんが日本でコーチかなんかされてて、
そのお父さんがゲストで、NBAバスケットのバスケット用語である特別用語を色々紹介していくんですが、
それが中々面白かった。

まずは、「money」。
普通は、「お金」の意味なんですが、バスケット用語では、
シュートに入った時に、「money」と叫ぶんだそうです。
シュートこそお金のように絶対確実だからとか。

そして、次は「from downtown」。
日本語訳は、町の中心街、しかしバスケット用語は、
ゴールから離れた長距離シュートで、
3ポイントシュート(3-point shot)の事。

もう1つは、「nothing but net」。
直訳は、何も無い、しかしネット、そしてバスケット用語は、
リングに触らないでシュートが入った意味で、
Not touching the net の事。

ちゃんと本当に、NBAの実況中継でこれを連呼してましたね〜

昔から言ってたのかな〜?

実は、私昔NBAに嵌ってた時期があったんですよね〜
それは、あの1992年バロセロナオリンピックが引き金で、(爆)

今までアメリカといえばバスケット王国、バスケット発祥の地、
バスケットが強くて当たり前だったのが、
ある時期を堺にオリンピック・世界選手権で優勝できなくなっていて、

それが、国際大会へのプロ参加が許可されるようになり、
それに伴い世界一を奪回すべく
アメリカでドリームチームなるものをを結成し、バロセロナオリンピックに挑んだわけです。

それまで、私はNBAの試合を見たことがなかったんですが、
スーパースターのマイケル・ジョーダンは知っていましたし、
ドリームチームっていう事で、面白そうで見たんですよね〜
そしたら凄かった!面白かった!
そして、その中の1人のプレイヤーに魅了されたんです。続きを読む
posted by コアラのえさ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ジュークボックス英会話

今日、昨日の録画しておいたNHK英会話講座を見た。

木曜日の2つの中の1つは双子のまなかなちゃん出演の番組が終わって、
何がやるのかな〜と思ったら、

ジュークボックス英会話〜歌詞から学ぶ感情表現〜だって。
でも、がっくし。
先週4日から始まってて、しかも再放送が今週の水曜日だったよ〜
あんなに注意してたのに〜。

いや〜、これは面白いですよ!
しかも今日はThe plice の「Every Breath You Take」ですよ〜

この曲大好きなんだな〜

この曲は80年代の曲で、
この頃の私は、ラジオで流れていた洋楽を片っ端に録音してたんですよね〜
カセットに!(爆)
そしていいな〜って思った曲だけ残して、何度も聴いてたな〜♪

あの頃は、日本の曲におさらばしてて、(爆)
洋楽にはまってた。
日本では、松田聖子さんとかたのきんとかというそういう時代〜
なんか私には合わなくって。

洋楽にはまっていたけど、あまりこの曲はだれだれが歌っててとか、
曲の意味なんてあまり重要視してなくって、
適当に歌ってた(爆)

あの頃にもっとちゃんと英語に向き合ってて、意味とか突き詰めてたら
英語ができていたかもしれないな〜(わかんないけ)

今でも大好きなボン・ジョビでさえ、詩の意味を理解しようって思ってないという・・・
これでもファンか〜(笑)
一応ライヴで一緒に歌えるように覚えるんだけどね!
意味は理解してないという。(笑)

私は、詩よりメロディ〜で好きになるタイプだからかもしれない。

80年代は、いいメロディ〜の曲がてんこ盛りだったな〜

で、この「Every Breath You Take」の意味を20年という年月を得て知った意味を聞いて、仰天〜
こんな意味の詩の曲だったんだ〜と・・・

捨てられた男の胸のうちを歌った曲で、
息の一息一息全部見てる、あなたをずっと見てる〜って
そして最後は彼女にPleaseってお願いしてる歌だったなんて・・・

いや〜、詩を理解してPVの今のスティングの歌ってる表情を見ると、
うん!そんな表情してる〜って思う!

意味を理解していなかった時に、この曲を聴いてた時もなんか切ない感じのとても心に響くメロディ〜でスッゴク好きなんだな〜
最初のメロディ〜が流れただけですぐわかる名曲ですよ!

I'll be watching you が6回も!!!
凄い詩だ〜(爆)


そして、1コーナーで取り扱った

It's you.

It's は is と同じ意味合いで、you だけだと収まりにくいのでIt's
をくっつけたってような事を・・・

意味は、あなたです。あなただよ。

It's の後には、me her them him などなどもOK!

It's って言うとスッゴイ意味を考えるけど単純なんだ!

毎週見るぞ〜





posted by コアラのえさ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ネット用語

録画しておいた「英語でしゃべらナイト」を見たら、
ネット用語なるものをやっていた。

ネットの世界では、文字の入力時間を短縮する為の省略表現があるのだそう。
そうそう、何度かチャットなるものを経験した事があるんだけど、
もうインプットが遅くって、皆さんの速さについていけず、
話が先へ先へと進んでしまって、自分の伝えたい事が文章に出来ないっていうね・・・(笑)
ホントに、皆速いんだもん!

CU = See you. またね。

URAQT = You are a cutie. かわいいね。

BRB = Be right back すぐに戻る。

HAND = Have a nice day. よい一日を。


そしてそして、藤木さんのアルバム「セクシーGIMME YOUR LOVE」
の詩に出てきた○×○×が最初なんだかわからずにいたら、
後にカキコを見て知ったというのも出てきた。

こちらは、
×○×○ =Kiss hug kiss hug キス、ハグ、キス、ハグ

でも、ロンドンでは使わないらしく、
多くのロンドンの人は、×××だけを使うらしい〜

××× = キス、キス、キス

・・・ってね!
posted by コアラのえさ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

マーティ・フリードマン

毎週楽しみにしている数少ない番組の中に「英語でしゃべらないと」があるんですが、
今回のゲストはとても面白かった〜♪

90年代のヘビメタブームの筆頭、アメリカのヘヴィメタルロックバンドでスラッシュメタル四天王の1つ
「メガデス」に10年在籍し、メロディアスで華麗なギタープレイで世界中の若者を釘付けにした、
マーティ・フリードマン氏44歳!

意外な感じだけど、藤木直人氏は高校時代バンド組んでたのがヘビメタ!!!
初めて知った時は「え〜〜〜〜」状態だったんだけど、ヘビメタでもメロディアスな曲が好きで、
ふとマーティ氏の事はどうなんだろう?って見ていて思っちゃいました。

で、このマティ氏はそんな風にとても思えないほどの流暢な日本語で、
さまざまな話が可笑しかった〜(笑)

日本のコンビニがおいしいだの、冬でおでんだの、Jポップが大好きだの

さらにうけたのが、バンド時代に移動の時に時間つぶしに日本に興味があったので、
一石二鳥と思って日本語の通信教育をやっていたという事。(笑)
試験もやって、アメリカの大学で日本語の弁論大会に出て、見事準優勝したって言う。凄いよね〜!

上達するきっかけとして、きっかけをのがしていけないって。

ロック雑誌に、日本語で日記書いてくれない?って言われて、それさえ頑張れば絶対にないより上手くなるからやったって。

今日は、ギリシャに移動しました。今日はなんかライヴ良かった。
今日は時差ぼけ。ってな具合に・・・

そうだよね〜、などと自分に置き換えて、英語をガンバラネバと
思って見てました。




続きを読む
posted by コアラのえさ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

今日は難しい〜!

今日は、っと言っても、前日に撮っておいたものを今日見たって事なんですが・・・

「remein」と「stay」

どちらも「のこる」「とどまる」って事なんだけど、

コアイメージで表すと、
「remain」は、周りが変化しても、そのまま残る。
で、周囲との対比で考えるんだけど、

「stay」は、違う所に移動せずにとどまる。
で、他の場所や状態に行かない事。

「remain]の名詞=残り物・過去の遺跡

「stay」の名詞=滞在

He remained there 周囲の環境が変わっても残った。

He stayed there 移動せずにとどまった。

・・・ん〜、なんか解りにくい〜!

良く聴くフレーズとして、

Stay tuned. チャンネルはそのままで。

これは、覚えやすいかも♪
posted by コアラのえさ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

今〜

I'm into 藤木直人〜♪

I'mad about 藤木直人!!

I'm crazy about 藤木直人!!!

この3文は全て「私は、藤木直人に夢中です。」だそうで、

〜に興味があるといえば、「be interested in A」を思い浮かべるが、
これは丁寧な言い方だそうで、
気軽に言う時には上の3文を使えるそうだ!

おっと〜、今ですね〜、
私の中で英語が覚えた〜いっていう気持ちがフツフツと沸いてるんです。
それは何故かというと、N○Kの教育テレビの英語の番組が面白いんです!!!
・・・っていうか、このおバカな私にでもと〜っても解り易くできてるんですよね〜。
毎日夜の11:00からやってるんですが、同じような意味の単語が2つ出てきて、それをコアなイメージを膨らませてそれぞれどんな時に用いるかって言うのを15分くらい使って教えてくれるの。
いつも、「へえ〜、なるほど〜」と感心ばかり。これはいい勉強になりますわ!

今日は、carry と bring
意味は、両方とも簡単に言うと、「持ってくる」なんだけど、

「carry」は、何かを自分につけて持ち歩くって感じで、移動するプロセスがポイント。

「bring」は、何かをある場所に移動させるって感じで、移動の結果に重点が置かれてるのがポイント。

こうやって教えてもらえると、ホント理解しやすい!
楽しいよね!
posted by コアラのえさ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。