2007年03月31日

1972年 G

今週の、某週間雑誌に梅宮アンナさんの記事が載ってました。

アンナさんも1972年8月20日生まれでした。

その記事は、地元名古屋の中日ドラゴンズの選手、
立浪選手との破局の記事でした。
記事の真相は本当かどうかは分かりませんが、

アンナさんのお父さんの梅宮辰夫氏がどうやら中日ファンで、
アンナさんも中日選手との交流があるそうです。
立浪選手は奥さんがいますので、随分前にその噂を知ったときは、私の立浪選手の株がガクッと下がったもんです・・・
他に色々と黒い噂があるお方だし・・・

立浪選手と言えば、私にはあまり名前ほど活躍していない、ここぞ!っていう時に打てないイメージがあるので、野球選手として仕事を・・・って渇をいれたい・・・って思ってたんですが、
昨日の中村紀様選手と同様に立浪選手の代打としての大活躍で、
ヤクルトに逆転勝利に導き、ドキドキのゲームを演出してくれました。
しかしテレビは途中で終わってしまうと言うね・・・、(爆)

そういや、アンナさんも最近見かけないな〜なんて思っていたら、木曜日の「志村動物園」スペシャルでデンジャラス賞にノミネートされてました。
アンナさんは、お化けが怖いとか、ジェットコースターが怖いとかっていう、そういった怖いって言うのが無いって語ってて、
でもその後に、ロケで超巨大熊、2m12cmで363sもあるオス9歳のタンクに会いに行ったとき、そのタンクが飼い主に、襲いかかったり噛み付いたりしている姿を目撃した時はビックリしてて、
でもそれは単に、熊のタンクがじゃれているだけで、噛み付いてるわけではなかったんですけどね!
アンナさんをビックリさせる為の演出?

怖いと思った事がないって言っても、あんなシーンを見たら最初は尻込みしてた、アンナさん!(笑)
でも、餌のりんごかな?
小さく切ったりんごを手で口に持っていったら優しく食べてくれて、
段々アンナさんも心が和らいでいって、最後にはタンクと心を通わせた、アンナさんとタンクの手のタッチが微笑ましくって、超巨大熊でしたが、とても可愛らしく見えましたね〜








posted by コアラのえさ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

1972年 F

BACKSTREET BOYS(バックストリートボーイズ)のメンバーの中にも1972年生まれの人がいました。

メンバーの愛称名でニック1980年1月28日、A.J.1978年1月9日、
ブライアン1975年2月20日、ハウィー・D1973年8月22日、

そして、ケヴィン・スコット・リチャードソン、
愛称ケヴィン1972年10月3日

ケヴィンだけは、1972年と1971年と書かれている事が異なってるんですが、公式の方をとって1972年生まれにいれちゃいました。

私とバックストリートボーイズとの出会いは、「すきやきロンドンブーツ」という番組のエンディングでのPV!
その時に流れていたのは「I Want It That Way」で、
飛行機をバックに白の衣装をまといダンシングしながら透き通るような声で綺麗にハモリながら歌っていて・・・

もうね!物凄くいい曲で、心に沁みて、特に透き通ったほどに高音の声と、はにかみながらどこか寂しげな顔をした、何処か控えめなブライアンいいな〜と。
スマスマに出演した時のブライアンを見た人は、「え〜?」って思うかもしれませんが、ちょっと藤木さんに似た部分があるかな〜派手じゃない感覚?私だけかな?そう感じるのは・・・
日本では、ニックが一番人気なのかな?

そして、「I Want It That Way」はレンタルでアルバム「Millennium」を借り、ファンクラブにも入り、「BLACK&BLUE」を買い、それを毎日聴きまくり、歌を覚えてライヴに行ったというね!
CDを買うっていうのは本当に好きでないと買わないので、本当にBACKSTREET BOYSの曲はいい曲が多かったです!

すぐに藤木さんに出会ったのもあったし、ライヴに行けたって言う満足もあって、ファンクラブもやめちゃって2006年のライヴはもう行かなかったんだけど、

その、2006年6月23日に1972年生まれのケヴィンが脱退していたとは・・・知らなかった・・・、ビックリ!!!

「メンバーにいる限り達成できない夢を叶えるため・・・」だそうで・・・

ケヴィンは、メンバーになる前は、ディズニー・ワールドでニンジャ・タートルズを演じてたから、俳優かな〜?なんて思っていたら、やはり、ブロードウェイのミュージカルで、2002年に映画化された時にはリチャード・ギアが演じた「シカゴ」の高多な悪徳弁護士のビリー役を演じ、ブロードウェイ10周年をむかえ、2007年2月には日本公演で来日していたとは・・・

それにともなって、TBSでは、ケヴィンのミュージカル「シカゴ」特番放送なんかもやってたっていう・・・・

全くもって知りませんでした・・・(爆)

着々と夢を実現しているんですね〜

ちなみに、ケヴィンと私が好きなブライアンは従兄弟同士で、ケヴィンがバックストリートボーイズにブライアンを呼び寄せ、5人グループになったわけで・・・

ブライアンもソロアルバムを2006年6月7日に出し、2007年の2月26・27に日本でライヴした時に、ゲストにケヴィンが出演したとか。

でも、やっぱ、バックストリートボーイズは5人組の歌声が一番だと思うな〜
ブライアンのソロを聴いたけど、物足りなさ感が・・・
やっぱ1人だと優しすぎる歌になっちゃうし〜

グループって言うのははそうなっちゃうのも仕方がないかな〜、
多いって言うのは派手っていうか、いろんな面で華やかになるし、色んなことができるし、
そういうのがグループとしての特典だったりするから、ジャニーズはグループで売り出してるわけだしね〜!!!

やっぱ、1人で歌うのはそれなりに凄いことだな〜と思う今日この頃(笑)



posted by コアラのえさ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

1972年 E

「プロポーズ大作戦」の為に買った番組雑誌
ジョンは≪TODAY&FACE≫、ガイドには≪KEYPERSON≫っていうのに、
1972年のお方が2人載ってました。

ガイド
高岡早紀さん、1972年12月3日生まれ

ジョン
なるみさん、1972年7月8日生まれ、タニッパラ氏と全く同じですね〜

高岡早紀さんは、20日、21日と二夜連続ドラマ「愛の流刑地」で載ってましたが、あの映画「愛の流刑地」をドラマでやるんですね〜
っていうか、映画は見ていないのでテレビでガンガン流れていたCMでの「愛の流刑地」しかわからないんですが・・・
それを、ドラマでもやるという・・・
豊川悦司さんの役を、岸谷五朗さんが演じるそうで、母と妹が藤木さんがやればいいのにってジョークで言ったんだけど、
この役は、藤木さんには若すぎるでしょう〜!
40歳代の人がやる役だと思うし、(見ていないけど〜)
やったら確実見ますけどね!(爆)
ファンの方で、そういうのが嫌だとか、見ないって言う派の方がいますけど、私は、ドラマで重要でしたらなんでもOK派ですので見ます!
藤木さんに限らず、1昔から芸能人のどんな好きな人でも全然OKでしたから、っていうか、「愛の流刑地」ほど過激な事をした方はいませんでしたけど〜(爆)
キスシーンとかね!そのくらいのシーンですかね〜、大体のお方は、外国の方でもいないな〜そこまでしたお方は・・・
まっ、「愛の流刑地」は特別ですかね〜

ドラマも多分っていうか、見ないと思いますけど、
高岡早紀さんと言えば、思い出すのが1997年日テレで放送されたドラマ「ストーカー」を思い出します!
渡部篤郎さんがストーカー役だったドラマ!
このあたりの前後の年は私には珍しく色々なドラマを見ていた頃でしたね〜
このドラマで、渡部篤郎さんがいい味出していて、次にやった連続ドラマはウッチャンが好きだった事もあって「ベストパートナー」を見たり、1998年では、なんと、松雪泰子さんが好きだった事もあって「なにさまっ!」を見たっけ〜
後に藤木さんのファンになって、出てたって事を知り、再放送もあって見直したんだけど、あの時どう思って見てたんだろうかって、自分の気持ちが知りたい!(爆)
かなり面白い役で、この役覚えてたんだけど〜、それが藤木さんだったとは・・・
そして、1999年の「ラビリンス」のドラマも面白かった〜主題歌の牧原敬之さんの「Hungry Spider」も大好きでした!

・・・で、渡部さんは、ここでドラマは見なくなってしまったんですよね〜
私の中で俳優さん以上の域を超えなかったからかな〜、この役は見たい!面白いけど、この役はあわない!面白くないって言う、何でも見たいって言う衝動には駆られなかった?
それで、俳優さん探しの旅を何年かしてて、(今思えばね!)
藤木さんに出会ったんですよね〜、色んなものを見たいって言う俳優さんに!

だいぶ脱線しましたが〜(爆)

もう1人のなるみさん、
吉本の漫才コンビ「トゥナイト」を結成してたのに、解散して今はタレントとして活躍されてるんだ〜
「なるトモ!」の司会も勤めてるそうで、私はもう少し若い方で、若手と思ってたんだけど、違ったんだ〜
っていうか、芸人では34歳ではまだ若手って言うのかな?
でも今はタレントだからね!

NHKの「芋たこなんきん」のドラマに、ドラマ初出演されるとの事で紹介されてました〜
でも、タニッパラ氏と全く同じ年月日とは!そうそう有名人ではないですよね〜こういう事!



posted by コアラのえさ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

1972年 D

今日、「ホリデイ」という映画の日本の記者会見の為、
キャメロン・ディアスさんとジュード・ロウさんが来日しているそうで、

この2人ともが、1972年生まれ!

キャメロン・ディアスさんが、1972年8月30日
ジュード・ロウさんが、1972年12月29日

2人とも、名前も顔も知ってますが、映画は見たことが無いんですよね〜

キャメロンさんは、富士山と温泉が好きだとか。
富士山はホント日本が誇る山ですよね〜

私は、今は、映画をあまりというかほとんど見ない人なんで・・・
何でもなんですが、自分のその時のはまてる時期ってのがありますよね〜、
スポーツを見る時期・映画の時期・洋楽の時期・日本のドラマの時期・日本の歌の時期って・・・
ファンになった人のジャンルによってそうなるんですけども〜

自分の映画ブームの時は、映画館に行くのは、大好きなジャッキーの映画ばかりなんですが、テレビでは色んなジャンルのものを見ていました。母の影響で見た、マカロニウエスタンのジュリアノ・ジェンマも大好きで当時凄くジェンマの映画がテレビでやっててワクワクしながら見ていました!

で、映画雑誌の「ロードショー」や、「スクリーン」なんかを買ったりして、映画音楽特集なんかもテレビやラジオで録画して聴いたりしてね!
もっぱら洋画ばかりで、日本映画は苦手で見ていませんでした。今もそうなんですが・・・
でも藤木さんの映画は別ですよ〜(勝手な!)
まっ、結局俳優さんしだいなんですけど〜

話がそれてしまいましたが、

映画「ホリデイ」の予告を見ましたが、中々いい内容ですね〜、
これを藤木さんにやって欲しい!って思いました!

ってか、日本のドラマや映画で何故こういうのをやらない!ってとても感じましたね〜

ロスとロンドンにそれぞれ住んでいる、妙齢の女性2人があるネットで知り合い、2週間だけのホリデイを使ってそれぞれの生活をチェンジするという。
そこで、それぞれ2人が素敵な男性に出会い恋に落ち、2週間後にはどうなるかって言う話なんだけど、

ホーム・エクスチェンジというものをつかい、妙齢の女性の新しい恋を演出したのが、大人の恋を描く事に定評のある、ナンシー・メイヤース監督だそうで

日本で、大人の恋を描く事に定評のある監督って誰がいるんだろう?
若者を描く事に定評のある監督ばかり???
私が知らないだけかな?






posted by コアラのえさ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

1972年 C

今日の「広人苑U」で、蜷川実花さんがとりあげられていた。

この方も、1972年10月18日生まれだそうで、
いわずと知れた、演出家・蜷川幸雄氏の娘さんだとか。
ん〜、似ている!!!

今、上演されている「さくらん」の映画の映画監督をしているそうで、本来は、ポトグラファーで、
今までに30冊以上の写真集を出版されてる方だとか。

その特徴は、「美しく怪しい色彩」で、いっさいCGは使われていないそうです!

ん〜、確かに美しい怪しい色彩の写真で、目を奪われますね〜

で、世界でも評価されて、「セリーヌ最新コレクション」では、彼女の写真プリントを用いた作品を発表したそうです。

そんな彼女の仕事場は赤が基調とされた部屋で、これが彼女の普通で、どうしてあのような映画になったんですか?と言われても答えづらい所があるそうです!(笑)

あの、「さくらん」の映画の番宣がテレビで良く流れてますが、本当に赤を基調とした、独特な雰囲気な映画ですよね〜

彼女曰く、絵が綺麗なだけの映画には絶対したくなく、ストーリー作りに力を注いだそうで、宝塚を若干参考にしてるそうで、宝塚はいかに女の、見てる観客の人をウットリさせるかってのがプロ中のプロで、女の人がこうして欲しいというのをイメージしていったところは、あるそうです。そして、男の人がみんな後ろから抱きつくのは、彼女の趣味だそうです。(爆)

そう!ドラマもそういう風にお願いしたいもんです!
藤木直人さんでね!

posted by コアラのえさ at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

1972年 B

今日、飯島愛さんが引退するって芸能ニュースでやっていた。

何の病気かはあまり詳しくわかりませんが、
相当痛いらしい・・・

バラエティーなど、レギュラー番組だけで週4本を抱えてる
忙しいお方だそうだけど、
早ければ3月いっぱいで芸能活動を終えるそうです。

この方も、1972年10月31年生まれだそうでビックリ!

飯島愛さんといえば、本人原作のベストセラー「プラトニックセックス」が有名ですが、
そのドラマ版に藤木さんが出演されてるんですよね〜

2001年9月28日放送で後半の「20歳の純愛編」で、
丹羽克己役で!!!

そしてこの時に「パズル」が誕生したんですね〜
貴重なミュージシャン役として!

この役も結構好きですね〜!

ちなみに、
今日テレビでリカちゃん人形の二代目も1972年に発売されたそうです!(爆)

初代は、1967年7月4日の発売されたそうですが、
リカちゃんの誕生日は5月3日だそうです!(笑)
posted by コアラのえさ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

1972年 A

おしゃれイズムの感想は後ほどって事で、

今回のイズムのゲストの方も1972年生まれでしたとは、凄い!

熊川哲也さん、1972年3月5日生まれ、

おしゃれイズムを見ててこの方いくつなのかな〜なんて見ていたんですが、藤木さんと同い年とは・・・

1972年組ってホント凄い人多いですね〜!

熊川さんって、私のイメージはなんか取っ付き難い、俺様イメージ感があったんですが、
年齢とともに丸くなってきたって言うカキコを見て、
みんな年齢を重ねると丸くなってくのか〜と思う今日この頃。
posted by コアラのえさ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

1972年 @

女優の鈴木砂羽さんも1972年生まれだったとは・・・

おっと、この方は今放送中の「相棒4」で、寺脇廉文氏が演ずる
亀山薫の妻の美和子役を演じている女優さんです。

藤木さんファンでは、「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜」で、第8話「告白」で、桃子役の小雪さんの友達のテレビでフリーターをしている諸岡美恵子役をしていた方といえば、
すぐ解るぐらい、印象深いキャラだったんではないでしょうか?
小野さんの小雪さんの回と言ってもいいでしょうか?
アンティークの中で好きな回でしたね〜。

381.bmp

「どーも〜、ホントだ〜、桃子が言ってた通り、ス・テ・キ〜。
うふっ!、メチャクチャタイプ。ね〜、独身ですか?独身ですよね〜、独身ですよね〜、独身ですか?独身ですか?」

って言う、シーンなんですけど、メチャクチャこのシーンが可笑しくって・・・。(笑)

小野さんの丸窓のリアクションも最高だし、美恵子が言い寄って来た時のあのリアクションも最高〜!!!

だから、この方凄く印象が濃かったんですよね〜。
名前は覚えていなかったんだけど〜

そしたら、相棒に出てらして。
でも、この相棒では、寺脇氏演ずる亀山と、ゲスト出演で出ていた
生瀬勝久氏と同級生役だったので、てっきり結構いってらっしゃるんだとばかり思ってたら、なんと藤木さんと同じ年1972年9月20日生まれでしたとは・・・・

小雪さん演じる桃子と友人って言っても、年上なんだろうな〜って思ってたから・・・・
この時と、今の相棒とあまり変わってらっしゃらない印象が。

何で鈴木砂羽さんが出てきたかって言うと、昔の雑誌に載っていたのを見ただけなんですが、2001年の・・・。
その写真も、今とあまり変わっていない様な・・・

って事で、(って事って何が?)
藤木直人さんと同じ年生まれ1972年方が1人増えました〜♪

俳優さん
谷原章介さん/7月8日、中村獅童さん/9月14日

ジャニーズ
木村拓哉さん/11月13日、中居正広さん/8月18日
山口達也さん/1月10日

韓流
ペ・ヨンジュンさん/8月29日、リュ・シウォンさん/10月6日

ミュージシャン
平井堅さん/1月17日

お笑い芸人
ぺナルティのワッキーさん/7月5日、長州小力さん/2月5日
土田晃之さん9月1日

ライブドアの堀エモンこと、堀江貴文さん/10月29日

女優さん
稲森いずみさん/3月19日、松雪泰子さん/11月28日
寺島しのぶさん/12月28日、鈴木砂羽さん/9月20日

1972年生まれの方って結構凄い人が多くって、
結構テレビで反応する機会が多いです。
これからメモメモしていこうかと。
そんな事して、どうする?ってな感じですが、
なんか、藤木さん関連で、1972年って面白いんですよ〜、
凄い人が増えていくことが。(爆)

でね、検索して面白かったのは、34歳以下の人は、バブルしか経験していない人達なんですって、
そして、1972年は将来の歴史家が日本の時代をそこで区分するような変化が起こった年らしい

おお〜っ!

これからも1972年に要注意〜♪




posted by コアラのえさ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 1972年生まれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。