2007年03月16日

Naohito Fujiki Fan Club EVent 2006

今回の、握手が今までで一番手が暖かくて、握手したって感触が実感できたかな〜

とにかく柔らかくて、暖かくて、ほんわかしてた!

そして、おめでとうございます!って言えた事が何より嬉しかった〜
藤木さん何がおめでとうございますかわかってないと思うけど〜(爆)
「ありがとうございます」って、言ってくれてね〜(笑)
本当は、「○○おめでとうございます!」って言いたかったんだけど、ファンイベでしたし、ちょっと勇気がなかったから、(爆)「色々おめでとうござい」みたいにごまかしちゃいました。

もう、相変わらず目をずっと放さず見てくれるもんだから!恥ずかしいですよ〜私!
でも、優しい顔してた!

曲も変わったアレンジがしてて、イントロ聴いてもなんの曲なのか解らない曲が多かった〜
でも、それはそれで新鮮だったかな〜

でも、名古屋だけが、バンドのメンバーが来た時に拍手があったって藤木さんが言って、それが嬉しかったって藤木さんが言った時、バンドの人が手を振って嬉しそうにしてたのがちょっと胸がキュンとしてしまった。

でも、どの会場もファンイベって独特の雰囲気で皆、カチコチに緊張してたのかもしれないしね〜


FBI Presents
Naohito Fujiki Fan Club Event 2006

2006年11月23日(木曜日・祝日) 昼の部 15:00〜

 名古屋市民会館(中ホール)


@「涙のいろ」
A「哀しみの花」
B「君じゃなくても」
C「コズミックライダー」
D「years」
E「Shining Star」


〜抽選会〜
〜握手会〜


おみあげ
=ブログの11月23日参照=
posted by コアラのえさ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Naohito Fujiki Live Tour Ver7.0

待ちに待ったツアーでした。
そして、当選したのが武道館の1つだけで、
地元の名古屋が落選してて、結構ショックだったんですが、
追加公演がなんと名古屋が2つもあり、
それを2つとも当選でき地元もなんとか行く事が出来てよかったです。

しかも、18日のライヴのチケットがなんと、最前列のど真ん中という、失神しそうな席をゲットし、今まで経験できないぐらいのいい思いをさせてもらいました!
なんたって、今までなかったぐらいの終わった後の身体の疲れ!(爆)、
相当、ハチケチャったんでしょうね〜(笑)
もうこんな席は無いだろうな〜

そして、夢の武道館ライヴは・・・
武道館って2つあるんですね〜、(爆)
日本武道館と東京武道館(笑)

検索して、両方の地図を前もって見て、しかももって行ったのに、その事に東京武道館に着くまでわからなかったという!
で、角ばったテレビで見た武道館とは異なってても、嫌々まさか〜、向こう側にテレビで見た武道館があるはず〜(爆)
って勘違いして到着して、武道館の駐車場のおっちゃんに恐る恐る尋ねて、まだ電車で行けば間に合うよ〜って、親切に教えてもらって、
でも、もう歩く気力がなく、駅のタクシーに乗って、無事親切な優しいタクシーのうんちゃんのおかげで無事日本武道館にたどり着いたというハプニングがありーのの素敵な思い出の武道館ライヴでした!
残念なのが、記念すべき初武道館だったのに、明るい時にあのたまねぎの全貌が見れなかったのは今でも悔やまれますね〜

それにしても、本当に重みのある神聖な門でしたね〜
それだけで胸がキュンとしたりして・・・
ホント、行けてよかったです!

それに、初めてファイナルのライヴにいけたって事も嬉しかった〜
いつも落選だったから・・・

ファイナルっていいな〜って凄く思ったライヴでもありました。


Naohito Fujiki Live Toure Ver7.0
〜KNOCKIN’ON SEVENTH DOOR〜

@「Knockin' on the door」
A「anon」
B「タイムトラベル」
C「Hound Dog」
D「Horizon」
E「シュクメイ」
F「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」
G「Little Wing」
H「spring」
I「LIKE A ROLLING COWBOY」
J「恋のROCK’N' ROLL!DRIVE!」
K「コズミックライダー」
L「セクシー”GIMME YOUR LOVE"」
M「SAMURAI FUNK」
N「愛のテーマ」
O「HEY!FRIENDS」
P「years」
Q「君の歌」

〜アンコール〜

@「パーフェクトワールド」 →9月18日「陽のあたる場所」
A「OH!BROTHER!」


〜ダブルアンコール〜in武道館

「HEY!FRIENDS」

〜エンドロール〜にて、観客の「陽のあたる場所」の大合唱


☆2006年9月10日(日曜日)、追加公演 18:00〜
 愛知厚生年金会館

☆9月18日(月曜日・祝日)、追加公演 18:00〜
 愛知厚生年金会館

☆10月4日(水曜日)、18:30〜
 日本武道館


計3回!
posted by コアラのえさ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NAGOYA Big Wave Live

民放5局による、地上波デジタル放送に向けての2日間イベント!
2日間で、14万3千人を動員したイベントでした〜
ライヴだけではなく、色んな会場で色んなもようしものがあって、
ライヴも土曜日と日曜日の2回あって、行ったときは、2日目のライヴの整理券の徹夜組がいるという・・・
2日目のゲストはちなみに、根元要、the BOOGIE JACK、東方神起、FLOW、nobodyknows+、だそうで、私には、誰だかわからないです!(爆)

で、ライヴは11時に整理券を配布し、一旦解散し、17時にまた戻ってきて、整理番号順に並ぶという事なので、その他の会場へ行ったりして楽しむことが出来ました!
オアシス21では、生放送で中継しながらの色んなものが当たる抽選会などもやってて、ライヴまで、暇をつぶす事が出来ました。
でも、整理券をもらう為に並んでる時は物凄く暑かったのに、
だんだん雲行きが怪しくなって、雨も降ってきて雷がなる始末!
周りに、デパートが立ち並んでるので雨宿りには事欠かなかったんですが、
集合の時間でも雨は止まず、少し入場に待たされてしまったけど、無事、時間には雨が止み、ライヴを見ることが出来ました〜

しかし、藤木さんの時に、電気系統のトラブルなのか、藤木さんが歌ってる途中に電気に関係ない楽器はなってるけど、藤木さんの声もマイクで拾えなくなって・・・
その時の、藤木さんの困った顔がスクリーンいっぱいにうつしだされて、可愛かった〜
でも、その時、藤木さんとファンが一緒になってコズミックライダーを歌い曲を終えたのがなんとも言えずよかった〜
少し、中断はあったものの、ライヴが再会されて一安心〜
なかなか見られないものが見れたのもラッキーだったのかな?

後日、テレビ放送されたんだけど、その模様は映らなくって、
Ver 7.0の時の名古屋のライヴの時にMCでその事に触れて、電気系統の故障かなんかで、音声が出なかったんだけど、ファンと歌いきった
そこを放送すればいいのにね!っていう事を藤木さんは言ってました〜(笑)


波に乗れ!ナゴヤの地デジ Big Wave
NAGOYA Big Wave Live

2006年8月12日(土曜日)17:00〜20:30
 
久屋広場

ゲスト/ アンジェラ・アキ、Skoop On Somebody、藤木直人、佐藤竹善


セットリスト
@「Hound Dog」
A「タイムトラベル」
B「anon」
C「コズミックライダー」

〜電気系統の故障かなにかで中断〜

D「HEY!FRIENDS」
E「OH!BROTHER」


後日、民放5局によるこのイベントのライヴの放送がありました!
5局とも同じ時間帯にという・・・
どの放送局を録画しようか迷っちゃいました〜
まっ、同じものを放送しただけなんですがね!

8月28日(月曜日)

508.bmp

2日間のイベントライヴをぎゅっとつめて放送されたんで、
藤木さんの場合、「コズミックライダー」のはじめのあたりをちょっとと、「HEY!FRIENDS」だけしか放送はされなかったんですけどね!
でも、名古屋のイベントに来てくれて嬉しかったな〜
posted by コアラのえさ at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

藤木直人「HEY!FRIENDS」発売記念スペシャルイベント

初めてイベントなるものに当選して、
無茶苦茶喜んで東京へ出掛けて行きました〜

もう整理番号も200番台で、座席がないって事で、
物凄く藤木さんが目の前にいて、嬉しかった〜!!!
振付けの練習の時は、1〜2メートル内で見放題だったけど、
カラマリのターボーの振付も見ないとって感じで、ずっと見てられなくってね〜
で、本チャンの時にはダンサーの人達で肝心の藤木さんが・・・・
とても見難かったです!(爆)

でも、ギターでの歌と、ダンシングの歌を両方見られて楽しい一時でした!!!

ズーミンだったっけ?水色の方?だったかな?も見られたし、
よかったな〜!


藤木直人「HEY!FRIENDS」発売記念スペシャルイベント
 〜HEY!FRIENDSみんなで踊ってみないか?ナイト〜

2006年5月18日(木曜日) 17:00〜
 
SHIBUYA AX


〜振付けの練習〜

@「HEY!FRIENDS」〜ギターの藤木直人
A「HEY!FRIENDS」〜ダンシングの藤木直人


〜新聞社・雑誌社による写真撮影等〜

写真撮影なんて、あまり見ることが出来ないものが見れてお得だった!





posted by コアラのえさ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学祭ライヴ 2005

Live Tour Ver 6.0から、だいぶ間が空き、
ライヴやるのかな〜っていう、藤木さんの喉・声の問題だとか色んな不安の中、
学際をやるっていう話が出てて、
・・・で、3つの学祭でライヴをやる中、
ラッキーにも愛知の金城学院大学という今までで一番近くに藤木さんが来るって事で、いてもたってもいられず、(爆)
行ってきました〜

今回の学祭では、今までのバンド仲間である、NOTHINGのメンバーではない新しいバンドでのライヴという事で、色々な意見があちこちで見られましたが、
私が聴いたバンドの音は何の違和感もなく、すんなり私の中に入ってきてとても楽しめた学祭でした!
NOTHINGのメンバーと藤木さんの関係はとてもいい関係でしたし、ライヴ中に見られる、藤木さんとメンバーのやりとりがとても心地よかったりしましたが、
バンド名ではない、藤木直人でやってるのだからいつかはこうなるんだろうな〜ってのもあったし、新しいメンバーの方達も良い方達だし〜、音もいいし、藤木さん本人がよければ、それが一番ではないかと・・・

ちょっと、声の伸びなど、
まだあの名古屋の日を思い出すように、
藤木さん大丈夫かな〜、なんて思ったりもしましたが、
何とか全部大丈夫そうで、
私の中でちょっと不安が解消された学祭でもありました。

そして、一番嬉しかったのが、「spring」が聴けた事!
アコギではなくエレキだったのが新鮮でした〜

2005年10月21日(金曜日)、18:00〜
 金城学院大学ランドルフ記念講堂

@「anon」
A「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」
B「Wonderful Days」
C「Hound Dog」
D「ATOKATA」
E「シュクメイ」
F「spring」
G「This is My Life」
H「冒険者の歌」
I「サンクフル☆エブリナイ」
J「七色」
K「OH!BROTHER」

〜アンコール〜

「陽のあたる場所」

posted by コアラのえさ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

Naohito Fujiki Acoustic Live 2005

ライヴツアーが終わってから少ししかたってなかったんですが、
今回からのファンイベは、ファンに優しい地方ごとに開催してくれて、遠征しなくても良くなったことが嬉しかった〜

しかもギターをたっぷり堪能できるアコスティックライブ!!!
ファンイベを今まで3回経験しましたが、このイベが一番好きです!
もっと欲をいえば、アコギではなく、エレキライヴだともっと嬉しい〜な〜、藤木さんはエレキが良く似合うから!
イッチャッタ藤木さんをたくさん見たいから(爆)

Naohito Fujiki Acoustic Live 2005

2005年2月21日(日曜日)19:00〜
 名古屋市公会堂

@「クローバー」
A「The Thema From 03」
B「こんにちはとさよならの間で」
C「Wonderful Days」
D「MORE THAN WORDS」/EXTREME のカバー
E「いつまでも変わらぬ愛を」/織田哲郎氏のカバー
F「冒険者の歌」
G「愛し君へ」/森山直太郎氏(ピアノ演奏)
H「Brand-new Day」
I「七色」
J「陽のあたる場所」

ゲスト
ギタリストの狩野良昭氏

おみあげ
バンダナ
502.bmp


posted by コアラのえさ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Naohito Fujiki Live Tour Ver 6.0

このライヴは私にとって、とてもとてもいろんな意味で心に残るツアーだったな〜

Naohito fujiki Live Tour Ver 6.0
〜まっしろいカンバス〜

@「ジェレネーションXセンス」
A「タイムトラベル」
B「anon」
C「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」
D「クローバー」
E「黄昏」
F「smile」
G「ATOKATA」  →1月31日「ゆりかご」
H「パズル」
I「夏歌ウ者ハ冬泣ク」
J「涙の色」〜Media Mix〜
K「恋のROCK'N'ROLL!DRIVE!」
L「コズミックライダー」
M「COLORFUUUL!!!」
N「サンクフル☆エブリナイ」
O「愛のテーマ」
P「七色」
Q「まっしろいCANVAS」

〜アンコール〜

@「シュクメイ」
A「Little wing」  →1月31日「2HEARTS」
B「OH!BROTHER」


☆2004年11月28日(日曜日)、18:00〜
 三重文化会館


☆12月13日(月曜日)、18:30〜
 愛知県芸術劇場 大ホール


☆12月14日(火曜日)、18:30〜
 愛知県芸術劇場 大ホール
  直前による延期発表の為、藤木さん本人も舞台に上がりプロモーターの方の挨拶の横で、必死に涙をこらえていても、目はもう真っ赤で、もうそれだけで胸が痛くて涙が止まらなかった

   ↓
   ↓声帯結節・急性声帯炎により、約1週間の完全安静の為 
   ↓名古屋公演含め3公演延期
   ↓
   ↓
☆2005年1月31日(月曜日)、18:30〜  
 愛知県芸術劇場 大ホール
  色んな意味でこの日は心に残る忘れられないライヴになったな〜

計3回!
posted by コアラのえさ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

Naohito fujiki Live Toue Ver 5.1

藤木さんの初めての野外ライヴ!

富士急ハイランドコースと、兵庫県の播磨中央公園コースのバスツアーつきの野外ライヴで、

私は、一度藤木さんのライヴが見たいと言っていた、旅行好きのSMAPの木村拓哉氏のファンの先輩をさそって、播磨中央公園コースを選んだんですが、ライヴDVDになったのが、富士急だったので、富士急にすればよかった〜、って後で後悔!

しか〜も、播磨は暑かった〜、死ぬほど!(爆)

でも、爽快だったのが、目的地に着いたら色んな県のバスが到着していた事!
なんかそれ見ただけで嬉しかったな〜、みんな色んな方面から来てくれてるんだ〜って。(笑)

504.bmp

で、真っ先に買ったのがこのクールウォーターV×Vのお水!!!200円を3本ゲット!
しか〜し、暑い中ライヴが始まるまで、私達の席は芝生席だか来た人順だから、ずっと待ってたから、その水を1本あけたという。


Naohito fujiki Live Tour Ver 5.1
〜夏歌ウ者ハ冬泣ク〜  

 2004年8月7日(土曜日) 16:30〜
  兵庫県・播磨中央公園・野外ステージ(ローンステージ)

1,「タイムトラベル」
2,「2HEARTS」
3,「Night & Day」
4,「哀しみの花」
5,「A」
6,「Shower」
7,「グッド・オールド・サマー・デイズ」
8,「冒険者の歌〜Sweet Generation's Adventurre〜」
9,「This Is My Life」
10「sofa」
11「スパイダー04〜ロックスパイダーより愛をこめて〜」
12「Sweet」
13「オリオン座」(Instrumental)
14「生きなくちゃっ」

〜長〜い休憩〜

15「虹〜waiting for the rainbow〜」
16「Flower」
17「anon」
18「コズミックライダー」
19「恋のROCK’N’ROLL! DRIVE!」
20「サンクフル☆エブリナイ」
21「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」
22「OH!BROTHER!」
23「ハピネス」

〜アンコール〜

24「夏歌ウ者ハ冬泣ク」
25「パーフェクトワールド」

〜花火〜


終わりがけに、向こうの方に雷が・・・
でも、無事に雨も降らずに花火も見れて、
「虹」から日がかげりだし、涼しくなって
音も凄く反響してウットリしながら聞惚れたな〜

スチームパンの演奏も凄く回りに反響してよかった〜
藤木さんが楽しそうにしてるのが良かった〜

またないかな〜♪
posted by コアラのえさ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Naohito Fujiki baseball DOME TOUR 2003

私はファンクラブイベントっていうものは、1度ぐらいしか行った事がないんですよね〜

って言うか、ジャッキー・チェンのファンクラブに申し込みの手続きの用紙を送ってもらうようにしてもらったのに、申込書と一緒にファンクラブイベントの申込書が入ってたから、もういいかな?ってね(爆)ファンクラブには結局入らなかったんですよね〜
ジャッキーは俳優だからライヴなんてやらないだろうし、そんな一生会えないだろうジャッキーに会えて、歌も聴けて、握手もしてもらった!それだけでもう十分だから、ファンクラブに入る意味がない!(爆)

ボンジョヴイも、ファンになってから行きたいライヴには必ず行けたから、ファンクラブがあるのか無いのか調べた事ないし、

少年隊も、ファンクラブにはライヴのチケットを購入する為に入ったのであって、ジャニーズだからファンクラブイベって、大勢で野球大会みたいな?期待できないものだしね〜、(爆)

サッカーの名古屋グランパスもチケット購入の為に入ったのであって、ファンクラブイベは、子供中心の催し物だし、好きな選手には、豊田グランドへ30分ほどで、行けて、サイン写真撮り放題の、練習を近くで見放題だったから、行くほどでもなかったし〜、今は、好きな選手が引退してもうやめてしまったけど。

藤木さんのちょっと前に歌が大好きになって、ラッキーな事に丁度日本にライヴに来日することになって、その為にファンクラブに入ったback Street boys(バックストリートボーイズ)も、ドームで、アリーナ5列目の、物凄いいい席でライヴが見れたんだけど、2001年11月23日(金)の時点で、藤木さんのナゴヤテレビ秋祭りで藤木さんのライヴに相当やられて、(爆)
心ここにあらず状態、しかも歌もCDより・・・
私の大好きなブライアンは上手いんだけどね!全員でね〜聴くと、このライヴで満足してしまって・・・
あちらこちらで絶叫して涙してる子達多数〜、なんだけど、10代の子達という私との温度差が・・・、物凄いアイドル的でね!
もういいかな〜、って感じで

だから、最初に藤木さんのファンクラブに入ったのも、ライヴのチケットを取るためだったから、最初のファンクラブイベントを見送ったわけなんですよ〜(今思えば、もったいない!)
そして、ネットで、握手会があるって事を後で知り、これからは絶対行こうって。(爆)

そんなわけで、初めてのファンクラブイベント

Naohito Fujiki baseball DOME TOUR 2003
 〜バットを持った渡り鳥 レボリューションズ〜

 2003年9月21日(日曜日) 大阪ドーム 16:30〜


〜野球〜

〜ライヴ〜
@「anon」
A「世界の果て」
B「君を見つめていた 月が照らしていた」(イントロのみ)
C「哀しみの花」
D「シナモン」
E「brand new day」
F「one saide」
G「shining stare」
H「世界の果て」
I「This is My life」
J「タイムトラベル」
K「OH!BROTHER」

〜握手会〜

503.bmp

うちわを見せ、はんこを押してもらって、薄暗い仕切ってある場所に入っていって、藤木さんと握手をしていただいたというね。
藤木さん、この時が一番忙しい時期で、一番痩せてた頃だったから、って言うか痩せ過ぎ〜ってとても心配するほど。
薄暗い所でやったのもあって、顔色悪かったですね〜、
手も、ひんやり冷たかった印象。
でも、ジッと目を見るお人は変わらず、こちらが恥ずかしくって、こちらがそらしてしまうってな感じで・・・

印象としては、目だけが凄く印象強くって、その他が記憶に無いようなね!
だから、今度は絶対全てを見なくてはって、1年後のリベンジを誓ったのでした。(爆)

おみあげは、左の日本タオルでした。



posted by コアラのえさ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

Naohito Fujiki Live Tour Ver 5.0

Naohito Fujiki Live tour Ver 5.0
〜今年こそ!?大漁でSHOW!!〜

@「SPIDER03〜ロックスパイダーより愛をこめて〜」
A「涙のいろ〜Media Mix〜」
B「こんにちはとさよならの間で」
C「Tomorrow Song」
D「君じゃなくても」
E「天使ノ虹」
F「パーフェクトワールド」
G「This is My Life」
H「メドレー≪BBコズミックライダー≫」
I「冒険者の歌〜Sweet Generation's Aduventure〜」
J「This Themo of 03」
K「So Long・・・」
L「anon」
M「T-ROX〜ティラノザウルス・ロックス〜」
N「タイムトラベル」
O「OH!BROTHER!」

アンコール

P「生きなくちゃっ」
Q「NOTHING to lose」


☆2003年5月10日(土曜日)、長良川国際会議場、18:00〜
直ペット「正露丸」


☆6月1日(日曜日)、名古屋国際会議場センチュリーホール、18:00〜
直ペット「サザエさんのエンディング」


☆6月2日(月曜日)、名古屋国際会議場センチュリーホール、18:30〜
直ペット「ガッチャマン」


☆6月22日(日曜日)、アクトシティ浜松、18:00〜
直ペット「デビルマン」



追加公演セットリスト

@「SPYDER 03 〜ロックスパイダーより愛をこめて」
A「A」
B「涙のいろ〜Media Mix〜」
C「回廊〜Corridor〜」
D「Tomorrow Song」
E「君じゃなくても」
F「天使ノ虹」
G「パーフェクトワールド」
H「This is My Life」
I「メドレー≪BBコズミックライダー≫」
J「冒険者の歌〜Sweet Generation's Adventure〜」
K「This Themo of 03」 
L「So Ling・・・」
M「Little Wing」
N「anon」
O「T-ROX〜ティラノザウルス・ロックス〜」
P「タイムトラベル」
Q「OH!BROTHER!」

アンコール

R「生きなくちゃっ」
S「NOTHING to Lose」


☆7月2日(日曜日)、名古屋国際会議場センチュリーホール、18:30〜
直ペット「ヤングマン」

この追加公演はサイコーに盛り上がったな〜、私的に!
終わってから、色んな所が痛くなったくらい!(爆)
「回廊」で、キャ〜!!!、「Little Wing」で、キャ〜!!!
って凄かった、悲鳴が!!!
ホントよかった〜♪

それと、このライヴ公演は直ペットがとても楽しみの1つだったな〜、それとその時のダンスが!カッコ良かった〜

計5公演

posted by コアラのえさ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Naohito Fujiki Live Ver 4.0

このライヴは、私がファンになって初めてのライヴツアー


Naohito Fujiki Live Ver 4.0 
〜吉他小子的動作喜劇電影和演唱曾〜

セットリスト

@「T-ROX〜ティラノザウルス・ロックス〜」
A「涙のいろ」
B「shower」
C「哀しみの花」
D「君を見つめてた月が照らしてた」
E「snow」
F「Real Heaven」 
G「NECESSARY」
H「君を連れれ」
I「パズル」
J「A」
K「Little Wing」
L「anon」
M「2Hearts」
N「コズミックライダー」
O「パーフェクトワールド」
P「Wonderful Days」

アンコール A          

Q「sofa」の弾き語り          
RイマージュCMソング         

アンコール B

Q「VACATION」
R「陽のあたる場所」



参加会場

☆2002年4月20日(土曜日)、18:00〜
 
長良川国際会議場メインホール
  この会場から、このセットリストに変わり、アンコールはAのほうだった!
でも、「sofa」の弾き語りが聴けて、しかも、ちょっと心配〜♪が聴けて嬉しかった〜
私は、この時のライヴが物凄く衝撃的で、良くって涙が出たライヴでした!


☆5月29日(水曜日)、18:30〜

名古屋市民会館大ホール

セットリストは同じでしたが、アンコールはBでした。
ナースのお仕事の「VACATION」が聴けて凄く嬉しかった!藤木さんの曲?ってくらいにシックリしてた!(爆)


☆6月6日(水曜日)、18:30〜

名古屋国際会議場センチュリーホール

セットリストは同じ、アンコールはBでした。


計3回!!!
posted by コアラのえさ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナゴヤテレビ秋まつり2001 SUPER LIVE

最近、DSで藤木さんの「オリオン座」・「Hallelujah」・「朝日の向こう」などを弾いてると、つくづくいい曲、メロディ〜だなって思って・・・
ホント、ギターの音色を聴いてるといい曲っていう事がスッゴクわかるんですよね〜、余計に!!!
藤木さんいいメロディ〜作ってるな〜って♪酔ってしまうくらい(爆)

・・・で、今まで藤木さんの曲を生でどんな曲を聴いたのかな〜なんて思って、調べたりしてね!

それを私の記録の為にブログに残しておこうかな〜なんて思います。

では、藤木さんのファンのなった時は丁度、「Naohito Fujiki Live Touer Ver 3.0」の始まるちょっと前で、予約しようとした時は全て「soid out 」の為、行く事が叶わず!ショックでしょうがなかった私でしたが、なんと、ナゴヤ秋祭りにイベントの1人として参加するという事がわかってビックリ!!!

だって!あの藤木直人がタダで見えるんですよ〜(爆)
深夜番組の企画モノもあり〜ので、とても美味しいイベント!
あの頃、番組とナゴヤテレビで「anon」のPV付きのイベント番宣CMがバンバン流れてましたね〜

で、わりとゆっくり家を出たのが甘い考えだった!(笑)
もうタダで、来た人順だから凄い人の数!凄い暑い日だったのに。
イベントの美味しい所は、イベントのリハーサルの時のミュージシャンの人達の演奏を本番の様に聴ける事!

藤木さんも赤いTシャツのジーンズ姿で、サングラスして、片手にペットボトルを持って、私達に片手を上げて挨拶をして登場してたんだけど、他の人達とは違ってほんのちょっとしか演奏してくれなかったんだけど、「楽しんでってください〜」って言ってくれたのが印象的だったな〜

ナゴヤテレビ秋まつり2001 SUPER LIVE

9月23日(日曜日)夕方5:00〜8:30

セントラルパーク地上公園 もちの木広場 メインステージ


ゲスト:RUNS&GUN、Th kaleidoscope、KAB、Panicrew、藤木直人

セットリスト

@「shower」
A「anon」
B「これが僕の愉快なヒューマンライフ」
C「2Hearts」
D「コズミックライダー」
E「陽のあたる場所」

〜番組「ナマタノオロチ」企画の一般の人のデザインしたブルーの衣装に着替え再登場〜

皆に衣装を披露して、会場にいるデザインした人を見つけその人のそばの舞台まで行き、その姿を見せてお辞儀をしていたのが印象的

F「anon」

そして、最後に〆の舞台の最上から飛び降りて着地した時に滑ったのかな?転んだのがとても可愛かった〜(笑)
こういう人なのかなって(爆)

1万人ぐらいの人だかりだったかな〜、物凄い人で、藤木さんの前までの人のライヴは結構みんな落ち着いていたので、結構良く見えたので、これは美味しい場所かな〜って安心していたら、8:00ちょっと前に登場した藤木さんになってからのみんなの凄い事!!!
みんなみたいが為に、押し合いへしあい!彼女の為に彼氏が彼女を肩車して見せようとする人がいたりして、見えないジャン!!!(爆)
前に、花壇があるのに踏んでるし〜
ある子達なんて、見たいが為に高い所に登って注意の為に、ライヴがちょっと中断したりして、(笑)

私は、見えないから思いっきり背伸びして、疲れた〜
でもこれが初めて生で会えた最初のライヴで、嬉しかったな〜

このライヴでさらに好きになったかな〜
続きを読む
posted by コアラのえさ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のセットリスト等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。